売りたい象牙、鑑定します!

上欄ような象牙持っていて「売りたい人」。また、「知人で象牙を売りたい」という方を知っている 方。ご一報ください。 どこの業者様より高額にて買取させて頂きます!!
 また、紹介者には 商談成立後、謝礼をお出ししております。!

お問合せはこちらから

売りたい象牙、高価買取り 象牙堂

■象牙は、ハードとソフトがあり、一般的に象の墓場等で発見され、死んだ象の牙で劣化が進んだものはソフト と言われ、材質は柔らかく、彫刻するのに適しているので、仏像や置物の材料として使われる。
 ハードは生きた象を殺して処理したもので、材質は硬く丈夫。高級印鑑の材料り使われています
象牙は、極端な乾燥に弱く、ひび割れ等の原因となります。また、手入れが悪いと変色し、象牙の価値はさがります。 象牙は、年月とともに劣化していきますので。象牙を売りたい気持ちがあれば、早めに象牙の鑑定をおすすめします。

売りたい象牙の価格ポイント

1.本物か偽物:象牙に似せた偽物や最近ではロシアのツンドラ地帯から発掘されるマンモスの牙も多く出回っています。まず、鑑定を。
2.長さと重さ:象は長生きの動物。健康で長寿の像は、長い牙をもっています。長くて重い象牙は価値は高い。極端に短い象牙は、 利用価値が低く比較的価格は低い。
3.硬度と軟度:象牙は、劣化の少ない硬い象牙が高価で売買されます。人だ象牙の墓などから持ち込まれた劣化が進んで変色 している象牙は、漂白剤などで脱色しワックス等で艶を出し、商品化しているものもあります。こうした象牙は、彫刻が施され 価値観を高めて販売さてていました。一般的に彫刻が施されたものは、されていない象牙より価格は低くなります。
4.色と艶:良い象牙は適度の透明感と艶があり、重量感があります。透明感がなく、黄ばんだ象牙は多少価値は落ちます。
また、象牙は直射日光や乾燥に弱く、管理がずさんだとひび割れなどがおきます。保管は大事です。 5.業者選び:売りたい象牙を高く売るためには、一業者だけでなく、2・3の業者で象牙の買取り価格の見積もりをして 信頼できる業者を選びましょう。象牙堂にもぜひ鑑定をさせてください。